やんちゃ過ぎた? 乙武氏、5人不倫認め夫婦で謝罪文 参院選出馬断念か

 ベストセラー『五体不満足』で知られる作家の乙武洋匡(おとたけ・ひろただ、39)氏に、スキャンダルが直撃した。24日発売の「週刊新潮」が、何と女性5人との不倫を報じたのだ。乙武氏は今年夏の参院選に自民党から出馬予定とみられていたが、「誠実」「爽やか」といったイメージは崩壊し、出馬断念に追い込まれる可能性が高まってきた。

 新潮の「一夫一婦制では不満足」という記事によると、乙武氏は昨年12月末から年始にかけて、女優の黒木華に似た20代後半女性と、北アフリカ・チュニジアやパリを旅行したという。乙武氏は母校・早稲田大学の後輩女性と結婚しており、現在3人の子供がいる。

 乙武氏は、同誌の取材に不倫関係を認めたうえで、「やんちゃな遊び方をしていた時期があります」「妻以外の女性が全くいなかったといえば、嘘になります」などといい、5人もの女性との関係を告白している。

 スキャンダル発覚に仰天したのが自民党だ。

 永田町事情通によると、乙武氏は今週中にも出馬会見を行う予定だったが、取材を受けて急きょ中止となった。

 夕刊フジでは、乙武氏の事務所にメールで事実関係について問い合わせたが、23日中に回答はなかった。

 ただ、乙武氏のHPには24日付で「『週刊新潮』の報道について」という、乙武氏と夫人のコメントが掲載された。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧