鈴木貴子氏離党 「反省すべきは反省してほしい」岡田氏の党運営に不満

 民主党の鈴木貴子衆院議員(比例代表北海道ブロック)は26日、党本部で枝野幸男幹事長に面会し、離党届を提出した。鈴木氏は同日の記者会見で、離党の理由として、民主、共産両党が衆院北海道5区補欠選挙(4月24日投開票)で統一候補を擁立することをあげ、「(共産党は)基本的思想や国家観が民主党とまったく異なる。今のままでは、(北方領土問題の解決など)有権者との約束を果たせない」と述べた。

 鈴木氏は今後無所属として活動するが、自ら代表代理を務める政治団体・新党大地の鈴木宗男代表は、夏の参院選で自民党候補の支援を表明している。

 貴子氏は自民党との今後の関係について「北海道や地元の発展のため、ベストな選択をしていくのが政治家の使命だと思っている」と言及。将来の連携を視野に、宗男代表と行動をともにする考えを示した。

 貴子氏は、民主党の岡田克也代表の党運営について「党としての考え方をしっかり掲げるべきだった。率直に申し上げ、党内での価値観の共有など、岡田氏には反省すべきは反省してほしい」と述べた。

 

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧