東国原のぶっちゃけ話に我慢できず!?宮崎議員の妻・金子議員が“指摘”メール

 元衆議院議員でタレント、東国原英夫(58)が15日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」(月~金前8・00)に出演し、不倫騒動で議員辞職を表明した自民党の宮崎謙介衆院議員(35)について暴露。それから数時間後、宮崎議員の妻で同党の金子恵美衆院議員(37)から携帯にメールが届いたことを自身のツイッターで明かした。

 東国原は宮崎氏と2012年にともに初当選。同番組で、ともに1年生議員だったため所属の党に関係なく「横のつながりでいろいろな情報は入ってきていた」と話すと、「よからぬ噂は立っていました」と切り出した。そして「週刊誌等々では出ているから言うけど」と前置きしながら、「党の受付嬢をナンパしたり、事務方たちをナンパしたり、合コンに行きましょうってお触れが回ってくる、そういう人間だった」とぶっちゃけた。

 さらに、宮崎氏の会見に「誠実に、正直に答えているとは思いますが、不祥事ですから坊主ぐらいにしてこいって話ですよ」と感想を述べた。一方で金子氏について「ピカ一目立っていました、美しくて。ファンクラブができるぐらい」と振り返ると、「物言いもしっかりしているし、非常に今回も肝が据わっている」と騒動での対応を含めコメントした。

 夕方にツイッターを更新した東国原は「朝のTBS『ビビット』を観ておられたらしく、金子恵美代議士から、僕の携帯にメールがあった」とつぶやき。同番組でのコメントについて金子氏から指摘があったようで、「僕は僕なりの知見や取材をもとに(憶測の場合は憶測と前置きし)発言している旨、そして、自らの発言には責任を持っている旨を先方に伝えといた」と返信内容を明かした。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧