宮崎氏辞職表明 週刊文春がスポニチに抗議「“スクープ泥棒”だ」

 文芸春秋は12日、自民党の宮崎謙介衆院議員(35)の不倫疑惑報道について、「週刊文春」編集部がスポーツニッポン新聞社に抗議文を送ったことを明らかにした。

 文春によると、10日発売の週刊文春の宮崎議員に関する記事について、9日の「スポニチ」が「核心部分を無許可で報じ」「あたかも独自スクープのように書いた」などとして「こうした行為は“スクープ泥棒”そのもの」とし、同紙に紙面での謝罪を求めている。

 9日のスポニチは「“文春砲”今度は育休議員 自宅に女性連れ込み」と題した記事を掲載。宮崎議員が所属する自民党派閥の関係者への取材とともに「この“ゲス不倫疑惑”の一部始終を、あす10日発売の『週刊文春』が報じるとの情報がある」「今回も大騒動必至の“文春砲”となりそうだ」などと記した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧