維新・小野政調会長「安倍政権下での憲法改正協力しない」と明言、民主と歩調合わす

 維新の党の小野次郎政調会長は12日の記者会見で、安倍晋三政権下での憲法改正の実現に協力しない考えを示した。夏の参院選に向け憲法改正の独自案もつくらないと明言した。維新は党の基本政策に「憲法改正による統治機構改革」を掲げているが、衆院で統一会派を組む民主党が「安倍政権の下で憲法改正の議論はしない」(岡田克也代表)としていることに歩調を合わせた形となった。

 小野氏は会見で「われわれが掲げている政策には憲法改正が前提になるものがたくさんある」としつつ、「安倍自民党政権が野党に呼びかけている『憲法改正に加わりませんか?』みたいな話に加わる予定はない」と述べた。

 おおさか維新の会などと分裂する前の維新の党は改憲政党を強調していた。昨年12月の民主党との統一会派結成にあたっては、基本的政策合意で「憲法改正を目指す」と明記していた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧