北ミサイル発射 菅官房長官会見の全文(下)「抑止力を高めていく…万全の態勢を整える」

 --4つ目の落下物は事前通告の位置からどれくらい離れた位置に落下したのか

 「詳細について今、承知していないが、少なくとも予定区域外という報告を受けているということだ。詳細については防衛省でお尋ねいただきたい」

 --ミサイル発射の情報が入ったとき、官房長官はどこにいて、どういう対応をとっていたのか。前日からこうした事態が予測されたが、関係閣僚にはどのような指示を出していたのか

 「(予告の)日にちが8日から7日になった。そういう段階を受けて、昨日、またその前の日とも、これが決定されてから何回か会合を開催して、万全の対応をとる、そういう態勢を整えていた」

 --官房長官は

 「私は赤坂の宿舎で待機していた」

 --5つに分離して、最後の1つは飛行を継続中という情報だが、少なくとも、大気圏外から再び落下したという確認はとれていないということか

 「私が今、発表したものに尽きる」

 --韓国外交省の発表によると、米ニューヨークの現地時間7日午前11時、日本時間の8日午前1時に安保理の緊急会合を開催するということだが、政府としては確認しているか

 「現時点においては確認していない。ただ、日米韓で協議を加速してやるべきであると、協議をすぐにも、速やかに実行したい、そういう要請を3カ国で行っている。私が確認したのはそうだ」

 --独自制裁は、今回のミサイル発射で、さらに重い内容を検討するか

 「いずれにせよ、これから具体的なことを考えていきたい」

 --今回の弾道ミサイルとは別のミサイルが発射される可能性は

 「現時点においては確認していない」

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧