甘利氏辞任 首相が陳謝 後任の石原氏は「適材適所」

 安倍晋三首相は2日の衆院本会議で、金銭授受疑惑を受けた甘利明前経済再生担当相の辞任について、「閣僚の任命責任は首相たる私にある。私が任命した閣僚が交代する事態を招いたことは、国民に対して大変申し訳ない」と陳謝した。

 また、野党が求めている甘利氏の国会招致については「国会が決めることだ。甘利氏は今後ともしっかりと説明責任は果たしていくと考えている」と述べた。

 甘利氏の後任である石原伸晃担当相について、与野党から失言癖や、担当する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への理解度などを不安視する向きがあることを指摘され、「多士済々の自民党にあって、幹事長、政調会長などの要職を歴任し、閣僚経験も抱負だ。適材適所の人事ができた」と期待感を込めた。

 民主党の西村智奈美氏の質問に答えた。衆院は2日、石原氏から経済に関する所信を聴取し、民主党、共産党、おおさか維新の会が質問した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧