【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】「甘利明大臣」を落とし穴にハメた「怪しすぎる情報源」の正体とは?

 票をもらうか、謝礼をもらうかの違いこそあれ、与野党問わず、何らかの「口利き」をしたことのない国会議員なんていないだろう。

 某野党なんか、もっぱらそれを仕事にしているではないか。

 むろん、カネをもらってはマズイが「口を利く」方も何らかの見返りを期待しているのは間違いない。

 ついに、甘利明経済再生担当相辞任。

 『週刊文春』(2月4日号)は実名告発第2弾。「甘利大臣事務所の嘘と『告発』の理由」。

 が、何度読んでも、なぜ一色武氏が、告発に踏み切ったかの「理由」はよくわからない。

 〈「甘利氏を『嵌(は)める』ために三年にわたる補償交渉や多額の金銭授受を行うなんて、とても金と労力に見合いません」「口利きを依頼し金を渡すことには、こちらにも大きなリスクがあるのです」(一色氏)〉

 などと雄弁に語るが、肝心の告発の「理由」は、

 〈「URとの交渉はいつまでたっても前に進まない。私にも我慢の限界があります」(同)〉。

 これでは弱い。

 そのあたりを予想どおり『週刊新潮』(2月4日号)が鋭く迫って、「『甘利大臣』を落とし穴にハメた『怪しすぎる情報源』の正体」。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧