「民主党は嫌いだけど…」新ポスター 地方から「一生懸命…いかがなものか」

 民主党が30日の党大会の前に開いた地方代議員会議で、党本部が夏の参院選に向けて作製した「民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい」との自虐的なコピーを記した新ポスターに対する不満が相次いだ。

 会議では、「一生懸命応援している地方からすると、ああいうポスターはいかがなのものか」といった批判的な意見が複数出た。これに対し、寺田学広報委員長らは、3種類ある新ポスターのうち、メーンは岡田克也代表が写った「1人ひとりを大切にする国へ」とのコピーが入ったポスターだと説明。その上で、「民主党は嫌い…」のポスターについては「無党派層に対するメッセージとして用意した」と述べ、理解を求めた。「今後細心の注意を払っていきたい」とも釈明したという。

 一方、岡田氏は党大会のあいさつで、自身が写ったポスターについて「(ポスターの)私の顔があまり気に入っていないが、皆さんがいいというから仕方がないかなと思っている。本物はもうちょっといいんじゃないかと思っているが」と述べた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧