民主自虐ポスター 身内から批判続々「情けない」「誰が貼る?」

 民主党が「民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい」といった自虐的なコピーを盛り込んだ夏の参院選向けの新ポスターに対し、身内から批判が相次いでいる。

 参院選で改選を迎える小西洋之参院議員(千葉選挙区)はツイッターで「情けないキャッチ(コピー)」と指摘。「一強打破」と記した別のポスターについても、「なぜ『暴政打破』等にできなかったのか。安倍内閣と与党が強行してきたことはクーデターそのもの。一強とか二強とかの政界構図の問題ではない」と批判した。

 同じく改選組の有田芳生参院議員(比例)はツイッターで、コピーに批判的な第三者のブログのリンクを貼り付け、「言葉とは思想の反映」と記した。

 次期衆院選での公認(東京4区)が内定している井戸正枝元衆院議員は、「誰が貼る?」との題でブログを更新。「これは一体、誰に向けたものなのか?」「このポスターには多くの仲間たちの努力を一瞬にして無にしてしまうぐらいの破壊力がある。つらい」と批判した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧