安倍首相施政方針演説・全文(2)地方創生への挑戦

 二 地方創生への挑戦

(TPPは大きなチャンス)

 人口8億人、国内総生産(GDP)3千兆円を超える、巨大な経済圏。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の誕生は、わが国のGDPを14兆円押し上げ、80万人もの新しい雇用を生み出します。一方で、「TPPによって農業を続けることができなくなるのではないか」。多くの農家の皆さんが不安を抱いておられます。

 美しい田園風景、伝統ある故郷(ふるさと)、助け合いの農村文化。日本が誇るこうした国柄をしっかりと守っていく。安倍内閣の決意は、決して揺らぐことはありません。米や麦、砂糖・でんぷん、牛肉・豚肉、そして乳製品。日本の農業を長らく支えてきた重要品目については、関税撤廃の例外を確保いたしました。2年半にわたる粘り強い交渉によって、国益にかなう最善の結果を得ることができました。さらに、生産者の皆さんが安心して再生産に取り組むことができるよう、農業の体質強化と経営安定化のための万全の対策を講じます。

 北海道・十勝の雄大な大地が育てた生乳は、現在、ソフトクリームの原料に加工され、輸出を大幅に増やしています。

 「2020年までに農林水産物の輸出を1兆円に増やす」。この目標を3年前に掲げたとき、「無理だ」という声が上がりました。「できない」とも言われました。しかし、輸出額は昨年7千億円規模に達し、その結果、「過去最高」を3年連続で更新いたしました。1兆円目標も2020年より前倒しで達成いたします。おいしくて、安全な日本の農産物にとって、TPPは、ピンチではありません。世界に売り込む大きなチャンスであります。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧