昭恵夫人が公邸中庭にミツバチの巣箱設置 秋には蜂蜜収穫

 安倍晋三首相の昭恵夫人が24日、公邸の中庭にニホンミツバチの巣箱を設置し、蜂蜜づくりに乗り出した。都会での自然環境保護に関心を高めてもらうのが狙いで、秋口には“アッキー”ブランドの蜂蜜が収穫できそうだ。

 東京・銀座のビル屋上でミツバチを育てるNPO法人「銀座ミツバチプロジェクト」に関心を持っていた昭恵夫人。4月に首相と訪米した際、ミシェル・オバマ米大統領夫人がホワイトハウス内で家庭菜園を開いている姿に触発され、公邸での養蜂を決めた。昭恵夫人によると、首相は「蜂に刺されないかなあ」と心配していたという。

 昭恵夫人の手で放たれたのは、同プロジェクトが準備した岩手と愛媛のミツバチ計約3万匹。ミツバチは世界的に減少傾向にあり、昭恵夫人は「ミツバチが生きられるのは環境が良い場所。ミツバチにちゃんと働いてもらえれば」と話していた。

 今季の蜂蜜の収穫量は巣箱の設置が遅いため少量になる見通し。公邸の来客者への土産などとして提供するのは難しく、昭恵夫人は首相と2人で味見をすることになりそうだ。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ