山谷公安委員長に「懇ろの関係じゃねえか」民主議員がセクハラやじ:イザ!

2014.10.8 00:52

山谷公安委員長に「懇ろの関係じゃねえか」民主議員がセクハラやじ

 民主党議員が7日の参院予算委員会で、答弁中の山谷えり子国家公安委員長に対し、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)関係者と「懇(ねんご)ろの関係じゃねえか」とやじを飛ばし、審議が一時中断した。

 やじは民主党の小川敏夫元法相がヘイトスピーチの規制を求める立場から、5年前に山谷氏の滞在先ホテルを在特会関係の男性が訪問したことを追及する最中に出たもの。委員会室にいた同党議員が「宿泊先まで知っているっていうのは、懇ろの関係じゃねえか」とやじを飛ばしたのだ。

 これに安倍晋三首相は即座に「失礼じゃないか」と訴え、麻生太郎副総理兼財務相も「いまの言葉、問題じゃねえか。何考えてんだ!」と猛反発。審議が中断し、民主党の蓮舫筆頭理事が岸宏一予算委員長に謝罪した。

 「懇ろ」には男女の仲が親密であるとの意味があり、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は同日夕の記者会見で「国会の品位はもちろん、女性の品格を傷つける中傷で、許されるやじではなかった」と不快感をあらわにした。首相も同日夜にフェイスブックで「聞くに堪えない侮辱的で下品なやじが野党側から出たことが本当に残念でなりません」とつづった。

関連まとめ

|