蚊の嗅覚で微量のにおい検出成功 東京大 がんの予兆感知に期待

蚊の嗅覚受容体を用いて、呼気のにおいを計測する機器(東京大、神奈川県立産業技術総合研究所提供)

蚊の嗅覚受容体を用いて、呼気のにおいを計測する機器(東京大、神奈川県立産業技術総合研究所提供)

 蚊の触覚にあり、人のにおいを感知する「嗅覚受容体」を組み込んで作ったセンサーで、人の呼気から、がんの進行度を示す微量のにおいを検出することに成功したと、東京大と神奈川県立産業技術総合研究所の研究チームが発表した。米科学誌に13日掲載された。将来的には、がんの進行度を示す数値「腫瘍マーカー」を呼気から検出することも可能になるといい、研究チームは民間企業と連携し、今後10年以内の実用化を目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ