硫黄島からの手紙 五輪に描く父の姿

次の写真へ
父、達吾さんが母、輝子さんにあてた手紙を読む河石達雄さん=兵庫県尼崎市

父、達吾さんが母、輝子さんにあてた手紙を読む河石達雄さん=兵庫県尼崎市

 第二次大戦の激戦地、硫黄(いおう)島(東京都)から届いた6通の手紙がある。差出人は、1932年に開かれた米ロサンゼルス五輪の競泳男子100メートル自由形の銀メダリスト、河石(かわいし)達吾。身重の妻を残して出征した男が記した文面からは、まだ見ぬ息子への愛情があふれていた。15日は74回目の「終戦の日」。息子は33歳で戦死した父の年齢をはるかに超えた。2020年東京五輪を控えて徐々に盛り上がる熱気のなかで、息子は若かりしころの父の姿を思い描こうとしている。(江森梓)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ