神戸にストリートピアノ急増中 にぎわいと交流の場

地下商店街「デュオこうべ」のストリートピアノで演奏する男性=神戸市中央区(木下未希撮影)

地下商店街「デュオこうべ」のストリートピアノで演奏する男性=神戸市中央区(木下未希撮影)

 駅や商店街などで誰でも自由に弾くことができる「ストリートピアノ(街角ピアノ)」を設置する動きが神戸市内で広がりをみせている。市は今年1月から市内数カ所に設置を進め、7月11日には山陽新幹線新神戸駅にも新たにピアノを置いた。市の担当者は「地元住民や観光客らの交流の場になれば」と期待を込める。(木下未希)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ