投じた金3千万円、5年失踪…底なしギャンブル依存経験者が語る“教訓” カジノ時代に備える

前の写真へ
次の写真へ
「遊び方を学ぶべきだ」と話す中村努さん=7月10日、東京都大田区

「遊び方を学ぶべきだ」と話す中村努さん=7月10日、東京都大田区

【ニュースの深層】 カジノ解禁に向けた「統合型リゾート(IR)整備推進法」の成立に伴い、ギャンブル依存症への対策が求められている。厚生労働省研究班の調べでは、ギャンブル依存症が疑われる人は全国に536万人と推計されており、IR法の付帯決議では「依存症対策の抜本的強化」が明記された。厚労省は今年度から治療をする専門医療機関を5カ所から67カ所に増やす。ただ、かつてギャンブル依存で、5年間失踪していたという男性は「依存が病気とは限らない。医療に偏るのはおかしい」と問題提起している。(社会部 天野健作)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ