北海道で4人死亡、79人感染 札幌の病院でクラスター発生

 北海道と札幌、旭川、函館の各市は8日、道内で新型コロナウイルスに感染した4人が死亡し、新たに79人の感染が確認されたと発表した。札幌市では同日、新たなクラスター(感染者集団)が病院で発生した。

 札幌市によると、この病院の感染者は入院患者7人と職員6人の30~90代計13人。このうち11人は変異株に感染した疑いが判明した。この病院はクラスターの発生を受け、外来診療と新規入院を休止している。

 同市は8日までに、この病院の感染者と濃厚接触した可能性のある入院患者や職員ら計204人の陰性を確認した。「濃厚接触者が特定できた」として、病院名の公表を控えている。

 8日までの道内の死者は計768人、感染者は延べ2万1512人(実人数2万1452人)となった。

 8日に道内で死亡が確認されたのは、札幌市の70~90代男女4人。

 新たな感染者は、札幌市51▽旭川市9▽函館市1▽石狩地方2▽胆振地方8▽上川地方2▽オホーツク地方3▽十勝地方2▽釧路地方1-の79人。札幌市の新規感染者のうち29人の感染経路が分かっていない。

 小樽市では新たな感染者が確認されなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ