「ママにごちそう感のある料理を」簡単タンシチューの作り方 ひなちゃんパパの家族レシピ

 23日は勤労感謝の日。気持ちを込めて、ママにごちそう感のある料理を作りたいな。

 「この時季にぴったりなブラウンソースのシチューはどうかしら? ビーフもいいけれど、タンで作るシチューがおすすめよ」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が提案してくれました。

 タンシチュー!? トロトロになるまで、どれくらい煮込めばいいんですか? 「時間をかけた方がおいしくなるから、レストランでは3日間くらい、じっくりと煮込むわ」

 そ、そんな…。諦めかけたときに、江上先生が「薄くスライスしたタンでもおいしく作れるのよ」と教えてくれました。

 焼き肉用の牛タンと缶詰のデミグラスソースを手に入れて、早速作ってみました。まず、鍋に油を引いて牛タンを焼きます。「加熱しすぎるとかたくなってしまうので、さっと焼く程度でOK」と江上先生。

 いったん取り出して、油が残った鍋で野菜を炒め、赤ワインと水を加えて野菜がやわらかくなるまで煮ます。デミグラスソースを加え、焦がさないように弱火で5分ほど煮込みました。種類の違うきのこを組み合わせて入れてもおいしそう。

 タンを戻し入れて味を調えれば完成です。ご飯かパンか迷いましたが、今日はご飯を選びました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ