ICTは令和の回覧板 高齢者の孤立・健康対策に活用

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、地域の住民や離れて暮らす家族との交流が減り、孤立化や体力低下が懸念される高齢者の暮らしを支えようと、ICT(情報通信技術)の活用を試みる自治体が増えている。インターネットなどを使えば対面しなくても情報提供や健康促進の指導ができると期待される。ただ、電子機器に不慣れな高齢者と最先端技術をどうつなぐかも課題。各地で実証実験が進んでいる。(小川恵理子)

 ■テレビで簡単に視聴

 「コロナ前は市の健康教室に通っていたけれど、動画の配信なら、いつでも家で見られていいね」

 大阪府泉大津市の直川房子さん(87)が、自宅で健康維持のための動画をテレビに映し出しながら、大きく口を開けたり、早口言葉を練習したりしていた。

 同市は今年7月から10月にかけて、スマートフォンで撮影した動画や写真をテレビに直接送信できるサービス「まごチャンネル」を使って、70歳以上の高齢者10人を対象に、感染症予防策や健康維持のための動画を配信する実験を行った。

 実験はまごチャンネルを開発した「チカク」(東京都)と進めた。もともとは離れて過ごす家族が孫の写真や動画を簡単に祖父母に見せるために作られたサービスで、受信機を付けたテレビがあればリモコン一つで操作できる。実験では行政情報の視聴率が100%にのぼった。直川さんも「使い方も簡単ですぐ覚えられた。テレビの画面は見やすい」と喜ぶ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ