「主役は子供」 安藤忠雄さん、寄贈図書館への思い

 大阪出身の建築家、安藤忠雄さん(78)が設計し、大阪市に寄贈した図書施設「こども本の森 中之島」(同市北区)が5日、開館する。本に出合い、本を楽しみ、本に学ぶ-。大阪都心の新たな文化拠点の誕生だ。「子供たちに、読書を通じて考える力を身につけてほしい」。子供のころに出合った本に希望をもらったという安藤さんの思いも込められている。(矢田幸己)

蔵書1万8千冊

 市内の中心部を流れる堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島。重要文化財の市中央公会堂や、市立東洋陶磁美術館など文化施設が集積するエリアに、こども本の森の建物が、川に沿って弓なりの形で延びる。

 設計にあたって安藤さんは「子供が施設の主役であることを第一に考えた」という。

 3階建てで、吹き抜けを生かした明るい空間。フロアすべての壁が本棚で覆われる。絵本や児童文学、図鑑など約1万8千冊の蔵書が《大阪→日本→世界》《未来はどうなる?》など独自に編まれた12のテーマごとに配架されている。

 特別展示スペース「あの人の本棚」では、こども本の森にゆかりのある著名人が子供のころに読んで影響を受けた本を紹介する。初回は名誉館長を務める京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授にまつわる本を並べた。

 ぬくもりを感じられる木の大階段や窓際のソファなど、子供ら利用者はどこで読書できる。貸し出しはないが、近くの中之島公園の広場や芝生へ自由に持ち出して読むこともできる。

 「建物内部全てが子供のための閲覧室。気になる本が見つかったら、どこでも好きな場所で読み進めて構わない。建物を中心とする中之島一帯が自由に読書を楽しめる『本の森』なのです」

 市は今年2月、こども本の森から中央公会堂までの市道・中之島通の一部(約200メートル)を通行止めに。開館を見据えて子供の安全確保のために車道を廃止し、歩行者専用エリアとして整備した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ