藤井七段の故郷・瀬戸市で大盤解説会検討 7・9第3局で応援イベント

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)が28日の第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)第2局で渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に2連勝して一夜明けた29日、藤井七段の地元、愛知県瀬戸市で応援イベントが企画されていることが分かった。第3局(東京・都市センターホテル)が行われる7月9日に大盤面を用いた対局解説会などの開催を検討中で、17歳11カ月での最年少タイトル獲得を後押しする構えだ。

 藤井七段の快勝劇から一夜開けた29日早朝、瀬戸市内では市民らが「すごかった」「強いね」と興奮気味に喜び合った。

 瀬戸市役所では、藤井七段が棋聖戦への挑戦を決めた直後から、1階に活躍を伝える特設パネルを設置。「応援しましょう」と市民に呼び掛けており、この日も多くの人が訪れた。街中が藤井七段の快進撃に盛り上がる中、7月9日に行われる棋聖戦第3局に向けて、応援イベントの企画が持ち上がった。

 市と連携して藤井七段を応援する、瀬戸将棋文化振興協会の加藤慎也さん(62)は、「タイトル獲得がかかる第3局は、藤井さんの応援で何かできれば」と気合を入れる。市内で大盤を用いた対局の解説会や、パブリックビューイングの実施案などがあがっているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ