なぜ愛知県は「緊急事態宣言」対象外?! 大村知事「行うなら事前に連絡があるはずだが…ない」

 安倍晋三首相は7日、新型コロナ特措法に基づき、東京や大阪など7都府県を対象に「緊急事態宣言」を発令するが、なぜか大都市・名古屋を含む愛知県が入っていない。一体どうしたのか。

 愛知県は7日午前0時時点で、感染者は239人、死者は21人。緊急事態宣言の対象である埼玉県(感染者202人、死者4人)や、兵庫県(同209人、12人)、福岡県(同176人、1人)を上回っている。

 今月に入り、愛知県では新たな感染者がそれまでの横ばいから拡大しつつあった。政府の新型コロナ対策専門家会議も1日、「医療崩壊が懸念される」と指摘していた。

 愛知県の大村秀章知事は6日、「緊急事態宣言を行うなら、事前に連絡があるはずだが、ない。(対象になる)ことはないのでは」と語った。

 ネット上でも、《名古屋飛ばし》などと疑問を投げかける声がある。

 政府関係者は「愛知でも感染者が増え続ければ、対象地域に加える可能性が高い」と語っているが…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ