感染者が自宅療養、家族は何を注意すればいい?

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う医療崩壊を防ぐため、軽症者や症状がない感染者は自宅での療養を求められることになる。その際、重要なのは同居する家族を感染させないこと。何がポイントになるのか。

 日本環境感染学会(東京)によると、まずは感染者と家族の部屋を可能な限り分けるようにする。感染者は極力部屋から出ないようにし、人との接触をできるだけ減らす。

 小さな子供がいる、部屋数が少ないといった家庭もある。その場合は、感染者から少なくとも2メートル以上の距離を取ったり、仕切りやカーテンを用いたりして、感染リスクを減らしたい。

 食事や睡眠も別室が理想。同室で寝るときでも、頭の位置を互い違いするだけで感染者の顔から距離が取れる。またエアコンなどの空調や換気扇を回したり、窓を開けて換気を心がけたりすることも大切だ。

 感染者の世話をする家族はできるだけ一人に限定する。感染の可能性があるため、持病がある人や妊婦らはなるべく避ける。

 また感染者と家族の両方がマスクを着用し、ウイルスの拡散を防ぐ。タオルや食器なども共用を避ける。

 ウイルスは付着後もしばらく生存するため、ドアの取っ手やノブなどは薄めた漂白剤で拭いた後に水拭きするか、アルコールで拭くようにする。

 感染者がはなをかんだティッシュなどにもウイルスがついている。感染を防ぐため、すぐにポリ袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨てる。

 対策の詳細は同学会のホームページで確認できる。正しい知識を身につけ、予防に役立てたい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ