「クラスター」って何? 専門用語、表現変更も

 「クラスター」に「オーバーシュート」-。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、さまざまな専門用語が公的に使われている。ただ、国民の多くは聞き慣れておらず、正確な意味が伝わっていない恐れも。政府内からも分かりやすさを求める声が上がっており、日本語表現に変更される可能性もある。

 クラスターとは、小規模な集団感染や、それによってできた感染者の集団のこと。厚生労働省は、集団感染の連鎖を抑えるため、専門家でつくる「クラスター対策班」を北海道や愛知県などに派遣した。ほかにもオーバーシュート(爆発的患者急増)やロックダウン(都市封鎖)などの用語がたびたび登場している。

 河野太郎防衛相は24日、閣議後記者会見で「日本語で言えることをわざわざ片仮名で言う必要があるのか。分かりにくいという声も出ている」として、厚労省に改善を求める考えを表明。菅義偉官房長官も対応を検討する姿勢を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ