兵庫県知事、往来自粛要請で「大阪とやり取りなし」

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、兵庫-大阪間の往来の自粛を要請した兵庫県の井戸敏三知事は19日の会見で「(これまでの)『外出を控えて』という言葉に『往来』を付け足し、対策を強化しただけだ」と述べ、あくまで従来の措置の延長線上のもので、市民生活に大きな制約を課す趣旨ではないと強調した。

 同じく往来自粛を要請した大阪府の吉村洋文知事は「兵庫県では爆発的な感染がいつ起きてもおかしくない」と強い警戒感を示したが、井戸知事は「大阪府知事の言ったことにコメントする立場にないし、コメントするにも値しない」と述べ、要請の強度について、両府県の温度差もうかがわせた。

 さらに往来自粛要請に当たり、大阪と協議したかという報道陣の質問には「向こうが勝手に発表している。それを受けた形というわけでもなく、厚生労働省の対策案を参考にさせていただいた」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ