「パパは私に似ているって教えたいな」 天国の父に届ける詩、奥田梨智さん 東日本大震災

 《パパ あのね

 つなみのときは

 ママと

 ママのおなかのなかのわたしを

 まもってくれてありがとう

 パパ あのね

 パパがてんごくにいったあと

 七月十二日に

 わたしが生まれたよ》

 宮城県登米市の小学2年生、奥田梨智(りさと)さん(8)は、東日本大震災で亡くなった父、智史さん=当時(23)=を思い、「あいたいよ パパ」という詩を書いた。

 9年前の平成23年3月5日、智史さんと江利香さん(36)は石巻市で結婚式を挙げた。智史さんの出身地で、職場がある石巻市で新居を構える予定だった。

 「一生幸せにする」

 友達から4年半の交際期間を経て、智史さんからのプロポーズを受けた江利香さん。幸せの絶頂だった。

 婚姻届を提出した3月11日。震災と津波が石巻市を襲った。智史さんとは2日間連絡がつかなかったが、大丈夫だと思っていた。しかし、智史さんは帰らぬ人となった。信じることができなかった。

 江利香さんは当時妊娠6カ月。智史さんの実家も無くなり、登米市の実家に戻った。失意の中だったが、実家の両親と、当時、小学生だった長女(16)の励ましを受けて、7月12日に、梨智さんを出産した。

 「子供ができたことが分かったときが一番幸せだった。優しくて楽しくて、毎日が本当に楽しかった」と江利香さん。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ