新型コロナ“キャバ嬢”クラスター爆弾!? 専門家「接触感染のリスク避けられない」

 新型コロナウイルスは“キャバ嬢”にも広がった。大分市内の飲食店「ラウンジサザンクロス大分」従業員の30代女性の感染が確認され、大分県は女性の同僚約30人のほか、同店を訪れた客らに濃厚接触者がいないかどうかも調べる。二次会や接待の定番ともいえるラウンジやキャバクラだけに心配な事態だ。

 女性は2月23日に市内のスポーツジムを利用後に38・7度の発熱や頭痛などの症状が現れ、翌24日に市内の病院を受診。症状が改善せず、3月3日にPCR検査で感染が確認されたという。

 ラウンジへの最終出勤日は2月22日夜だったが、潜伏期間の可能性も踏まえて同10~22日に同店を訪れた客やジムの利用者らに濃厚接触者がいないかどうかも調べる。

 今回の感染経路は不明とされているが、今月2日までに全国で少なくとも9件の「クラスター」と呼ばれる集団感染が確認されている。クラスターの事例には、千葉県内や名古屋市内で確認された運動施設も含まれる。

 ラウンジとは従業員の女性が客の隣に座り、酒などを提供するいわゆるキャバクラのような飲食店。女性の勤務先は「九州最大級の大型ラウンジ」をうたっている。ネット上で確認できる店内の様子も、4~8人で机を囲んで座るブースがいくつも並んでいる。

 県は女性の職場などにおける濃厚接触者については必要に応じてPCR検査を実施するとしているが、ネット上では「店舗を利用したとも言いにくいのでは」と心配する声も上がっている。

 感染リスクをどう考えるべきか。山野美容芸術短期大学客員教授で医学博士の中原英臣氏は「仮に感染者と隣り合って座るならば飛沫(ひまつ)感染の可能性も考えられる。キャバクラなどのような店舗で従業員と客がマスクを装着しているとも考えにくい。感染者と席が離れていても、食器やいす、トイレなど店内のさまざまなものを触るので接触感染のリスクは避けられない」と解説する。

 しばらくは慎重な判断が求められそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ