効果なし!?なのになぜマスク買い占め横行… 各地で続く品薄状態、解決策は

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中、各地でマスクの品薄状態が続いている。手軽にできる予防策の一つとして知られるマスクだが、専門家の間では予防効果は限定的という見方が強く、世界保健機関(WHO)は症状のない人は着用する必要がないとの見解を示している。それでも、解消しないマスク不足。解決策はあるのか。(江森梓)

 「マスクがないと、不安で仕方がない」

 堺市堺区の男性会社員(71)は感染拡大のニュースにこうつぶやいた。男性は新型コロナウイルスの国内感染が判明後すぐに薬局に向かったが、30枚しか買えなかった。その後見つけるたびに買い足し、1月から購入したマスクは計180枚に上る。それでも、「本当はもっと買いたいんだけど、いつ手に入るかわからない」。

 マスクメーカーなどでつくる全国マスク工業会によると、国内のマスク販売量は例年約56億枚。今年は1月から現時点までにすでにその3分の1以上が売れた。

 平成21年の新型インフルエンザ流行時もマスクは売れたが、今回は花粉シーズンが重なった上、中国人観光客による大量買い占めやネット上の転売が横行するなどしており、担当者は「作っても作ってもどうにもならないのは、今回が初めて」とぼやく。

 マスクは新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザなどの感染者の飛沫(ひまつ)によるウイルス飛散を一定程度抑えられる。ただ、予防の意味でマスクをつけていても、多くの人は十分に効果が発揮されていないとの見方がある。また、マスクはウイルスが付いた手で顔を触ることによる感染予防にはなるが、ウイルスが付いた手で食品などを扱うことで感染するケースもあり効果は限定的という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ