一斉臨時休校 学校現場の混乱懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国すべての小中高校などが週明けの3月2日から臨時休校する見通しとなった。最終的な判断は各自治体に委ねられるが、年度末でもあり、教育現場に及ぼす影響は深刻だ。年間に必要な授業時数は確保できるのか。学習に遅れは出ないのか。そしてひとり親家庭や共働き世帯などでは低学年生の世話を誰が見るのか。異例の措置に学校や家庭の混乱が懸念される一方、子供を守るためには必要だと理解を示す声もあった。

 「驚いている。しかし政府の方針が示された以上、教育現場が混乱しないよう最大限の措置をとる。そのための具体策を検討している」。文部科学省幹部は、今回の方針が官邸主導で急遽(きゅうきょ)発表されたことを認めつつ、こう話した。

 文科省は25日、必要に応じて臨時休校を検討するよう求める通知を全国の都道府県教育委員会などに出したが、各自治体の判断を尊重し「全国一律に休校を要請するものではない」としていた。それが一転、一斉の休校要請となったのだ。

 懸念されるのは休校中の児童生徒の学習の遅れだ。学校教育法施行規則などには年間に必要な授業時数が定められている。年度末のため、休み明けに繰り越すことはできない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ