上皇さま86歳 ご即位行事、見守られ

 上皇さまは23日、86歳の誕生日を迎えられた。在位中は誕生日に当たり、記者会見が行われてきたが、譲位後はなくなり、宮内庁がご近況を明らかにした。健康面ではご体調に変化はなく、来年3月末までに行う高輪皇族邸への引っ越しを前に、上皇后さまと穏やかな日々を過ごされている。

 宮内庁によると、上皇さまは譲位後、天皇陛下のご即位関連行事を静かに見守り、すべての行事が滞りなく終了したことに安堵(あんど)し、喜ばれているという。

 秋には台風19号をはじめとする災害が相次いだが、上皇さまは在位中と同様、被災状況を伝える報道を注視し、現在も避難生活を送る人々がいることに、心を痛められている。

 宮内庁は、上皇さまが公務から退かれたことで、私的な時間が増えていると説明。引っ越しの準備を進めながら、上皇后さまとお茶をともにしたり、日本各地の祭りや風景などを紹介するテレビ番組を見たりされている。

 宮内庁は23日、上皇さまのお誕生日行事を、主にお住まいの吹上仙洞(せんとう)御所で実施する。各国の外交使節団の長らは招かないなど、在位中より規模を縮小して行う。

 ●「二重権威」にご配慮、研究の時間充実

 上皇さまは、4月30日の譲位後は、天皇陛下と並び立つ「二重権威」とならないように気遣い、新たな皇室を見守る立場に徹してこられた。公務を退いた今は魚類分類学の研究やチェロのレッスンなど、充実した日々を送られている。

 「天皇、皇后両陛下や秋篠宮さまのなさりように、一切意見は言わず、質問もされない。『二重権威』ということに、格別に配慮をされておられる」。宮内庁元幹部は上皇さまのご姿勢をそう語る。

 上皇さまは譲位後、陛下とともに公の場にお出ましになることを控えられている。10月には「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」などに参列した外国王族をもてなす両陛下ご主催の茶会に、上皇ご夫妻も参加されたが「冒頭の写真撮影が終わってから会場に入られたことも、両陛下へのお気遣いだった」(側近)。ご夫妻ともに、両陛下のご日程が決まってから、自分たちの予定を立てるようにされているという。

 ご夫妻は来年3月末までに、皇居・吹上仙洞御所から高輪皇族邸(東京都港区)の仮住まい先に転居される予定。その後、両陛下が赤坂御所(同)から皇居内へ住まいを移される。

 宮内庁によると、上皇さまは日常生活では、両陛下が一日も早く皇居内にお移りできるよう、日中の多くの時間を引っ越しの準備に充てられている。一方、私的活動の時間も確保されているという。

 ハゼの研究者としても知られる上皇さまは、皇居内の生物学研究所に週2、3回のペースで足を運び、現在は南日本に生息するオキナワハゼ属に関する新たな論文作成に向け、研究を進められている。研究を支える宮内庁上皇職御用掛の林公義(まさよし)さん(72)は「ご研究の協力で訪れた大学教員が若い教え子を研究所に連れてきたときなどは、交流を楽しまれている」と話す。

 上皇后さまと共通の趣味である音楽は、月に2、3回、吹上仙洞御所でチェロのレッスンをお受けに。講師を務める寺田義彦さん(62)によると、表現力や技術の向上を目指して練習曲を増やされているという。

 宮内庁によると、在位中からの日課として、朝食後にご夫妻で一冊の本を交互に音読しており、現在は、「ことばの歳時記」(山本健吉著)を読まれている。側近は、上皇さまについて「上皇后さまと一緒に穏やかに過ごす時間を大切にされている」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ