競走馬、厩舎から市道へ逃走 岩手、500メートル先で確保

 17日午前5時15分ごろ、岩手県奥州市にある岩手県競馬組合の水沢競馬場の厩舎から競走馬1頭が逃げ出した。約3分後、厩舎地区の出入り口から約500メートルの市道上で確保された。けが人や車両との接触はなかった。

 組合によると、逃げたのは千葉博次厩舎のレッドラギド=牡4歳。調教後に厩務員が馬装具を交換する際に走り去った。厩務員が市道まで追い掛けて捕まえた。

 組合は今回の事態を陳謝。逃走時の状況や原因を調べ、再発防止に取り組むとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ