「とんでもない成果出てくる」「辛抱強く支援を」 ノーベル賞・本庶佑さん、文科相表敬詳報

 がん免疫療法の開発でノーベル医学・生理学賞に輝いた京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)が11日午前、柴山昌彦文部科学相を表敬訪問した。主なやり取りは以下の通り。

     ◇

 本庶さん「大変長いこと文部科学省にはお世話になり、こういう結果になった。どうもありがとうございます。(色紙を手渡しながら)これは私が書いたもので『有志竟成(ゆうしきょうせい)』という言葉。(物事は)志があればついに成るという意味だ」

 柴山文科相「今回の先生の受賞を象徴するような素晴らしい格言だ」

 本庶さん「三十何年かの間に、トータルで40億円ぐらいを(文科省の科学研究費助成事業などから)支援していただいた。私は幸運な世代で、ちょうど日本の経済が上向きのとき、こういう大型研究をさせていただき非常に感謝している。広い視点で研究を見ると、科研費が国の科学の基本だと思う。だが残念ながらあまり増えていない。今後、少しずつでいいから増やしていただくことが国の科学技術に大変重要だと思う。ぜひよろしくお願いする」

 柴山文科相「本庶先生には先週の日曜日に京都でお目にかかり、基礎研究の充実について教えていただいた。科研費の使い勝手に関してはいろいろと改善の動きがある。金額そのものもそうだが、特に基礎研究をどのように応用段階につなげていくかも含め、しっかりと支援させていただく」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ