「基礎研究に支援を」 ノーベル賞・本庶佑さんが文科相表敬

 がん免疫療法の開発でノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)が11日午前、柴山昌彦文部科学相を表敬訪問し、「免疫学はようやくいろいろなことが分かりかけ、応用につながってきた。文部科学省の長年のご支援に感謝する」と謝意を表した。

 本庶さんは「生命科学は(一般の人には)非常に分かりにくく、分野も広いが、分からないところから引き続きとんでもない成果が出てくるだろう。ぜひこれからも支援をお願いしたい」と要望した。

 柴山文科相は「基礎研究の重要性は理解している。しっかりと支援させていただく」と応じた。

 本庶さんは「すべて政府からの資金ではなく自助努力もしなくてはいけない」と指摘。自身の研究成果を基に開発されたがん治療薬「オプジーボ」の特許料を利用して「若い人たちの研究を支援する基金にする。ノーベル賞の賞金も入れる予定だ」と話した。

 本庶さんはその後、平井卓也科学技術担当相も表敬。授賞式での服装を問われ「羽織はかまにしようかと思ったが、家内から着付けがものすごい大変だからやめてくれと言われ、決まっていません」と笑顔を見せた。

 根本匠厚生労働相への表敬では「厚労省はいろいろな施策を取っているが医療費は増える一方だ。予防に投資をお願いしたい」と要望。子宮頸がんを例に挙げ「世界中で日本だけ患者が増えている。ワクチンによる予防が非常に重要だ」と強調した。

 本庶さんは免疫のブレーキ役として働くタンパク質「PD-1」を発見。これを抑えることで免疫力を高め、がんを治療する新たな手法を確立し、オプジーボの開発につなげた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ