もやもや病 日本で発見 血管が狭まり詰まる難病

 【脳を知る】

 今回は「もやもや病」という病気について話します。もやもや病は日本で発見された病気で、海外でも「モヤモヤ ディジーズ」と呼ばれています。

 原因は、はっきりと分かっていませんが、脳に栄養を送る太い血管が徐々に狭くなり、詰まってしまう病気です。アジア人に多く、10歳未満の子供と40歳代の成人に多く発症します。

 太い血管が狭くなると、その先に血液を送ろうとして、毛のような細い血管が網の目のように発達します。画像検査をすると、それらの血管が、もやもやとした、たばこの煙のように見えたことから、もやもや病と名付けられました。

 脳の血管が狭くなると、脳の血流が低下し、脳に血液が届かなくなり、手足のまひや言語障害が出現します。子供では泣いたり、熱い食べ物を食べるときに息をフーフーと吹きかけたり、管楽器を吹いて演奏したりすることで過呼吸となり、脳血流が低下して手足が動かせなくなったり、言葉がうまく話せなくなったりするような症状が一時的に出現することがあります。数分から数時間で症状は消失しますが、これは脳梗塞の前兆です。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ