競輪をVRで 迫力のレースを体感 前橋市

 前橋市とフジテレビジョンは、10月5~8日の「第27回寛仁親王碑・世界選手権記念トーナメント競輪(GI)」の会場のヤマダグリーンドーム前橋(同市岩神町)で、昨年の前回決勝レースの模様を忠実に再現した仮想現実(VR)体感イベントを開催する。約2分間にわたり、選手目線で臨場感あふれるレースを体感できる。

 ヤマダグリーンドーム前橋の1日当たりの競輪の観客はピーク時の平成3年度は平均8千人いたが、29年度には2千人にまで減少。市は、賭け事のイメージが強い競輪をスポーツ競技として広めたい考えだ。迫力あるレース映像の配信に向け、イベント参加者から意見を募る。

 市公営事業課は「今までにないスポーツとしての競輪をVRで体感してもらい、あわせてレースも楽しんでもらえれば」と期待を込めた。

 イベントは各日午前10時~午後4時、4階南側コンコースで行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ