【ガダルカナル島】(下) 「ガ島にすべての敗因が詰まっている」 作家・亀井氏、山口出身の参謀ら取材

 昭和17~18年ガダルカナル島(ガ島)の戦いでは、投入兵力の6割、2万人以上の日本兵が亡くなった。作家、亀井宏氏(84)=和歌山県新宮市=は、山口県出身の大本営参謀ら300人以上を取材し、昭和55年に「ガダルカナル戦記」を出版した。「ガ島での局地戦に、あの戦争の敗因が全て詰まっている。今の安全保障を考えたときも、最も学ぶべき教材といえます」と語った。(大森貴弘)

 「自分だけ生き残ってすまん、という人。取材中、号泣する人もいた。頭にテープレコーダーが入っているみたいに、すらすらと言葉を紡ぐ大本営の参謀もいた。悲惨な戦場の話を聞き続けるうち、自分自身が袋小路に入っていくような感覚になりました」

 亀井氏は30代後半から始めたガ島戦の取材に、7年をかけた。胸中の焦燥感が、突き動かした。

 「あの戦争は歴史の一コマです。忌み嫌っても絶対に逃れられない。『戦争中の国民は愚かで、8月15日を境に一斉に賢くなった』みたいな風潮があったが、私は違うと思った。失敗を学ばなければ、また同じことを繰り返す」

 取材を断られるケースが多かった。2年以上、手紙を出し続け、やっと話を聞けた人もいた。

 軍の中枢にいた将官・佐官から、第一線の兵隊まで、幅広く聞いた。中でも、現地軍の参謀だった元陸軍少将の二見秋三郎氏は印象深いという。

 「初対面で『お前』ですよ。いきおい、私も『閣下』と呼ぶ。でも取材後、昔の威張る癖が直らんのじゃと言って、駅まで送ってくれた。不器用で、まっすぐな人だったんでしょう」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ