「世界最高の知性」が日本の保守派と激論 「日本は靖国参拝より核武装を」E・トッド氏が来日講演

 「日本は核武装について考えるべきでは」-。ソ連崩壊や米大統領選のトランプ氏勝利などを「予言」したことで世界的に著名なフランスの歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏が、5月に東京都内で開かれた保守系シンクタンク「国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)の創立10周年記念シンポジウムに登壇し、転換期を迎えた世界の今後や日本が取るべき道について提言した。

日本は安定、欧州は…

 トッド氏は1951年生まれ。パリ政治学院を卒業後、英ケンブリッジ大で博士号を取得。76年に発表した最初の著作「最後の転落」が、人口統計学的な手法で近未来のソ連崩壊を予測して話題に。以後、人口動態や家族構造に着目した独自の視点でアラブの春や英EU離脱などを見通すなど、「現代世界最高の知性」としてその発言は国際的に注目を集めている。

 今回のシンポジウムでは、「世界の近未来を予測する~日本は生き残れるのか?」を演題に掲げ、基調講演を行った。

 「日本の基本的な問題は人口減少です。経済的、政治的、社会的な面では日本は非常に安定している。ヨーロッパから来ると、それは一目瞭然です。日本には常に一定の安定性と活力があります」

 「一方で、ヨーロッパはほとんどマヒ状態に陥っている。ヨーロッパの主要な大国はドイツですが、矛盾にとらわれている。巨額の貿易黒字を上げる輸出大国であり続けたいのに人口減少に直面しているのです。ドイツの対応は日本とは全く異なり、大量の移民を常に受け入れ続けている。その結果、国内のバランス、安定性が崩れています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ