弘法大師真筆の「和韻詩」? 拓本を発見 高野山大学密教文化研の研究員 

 高野山大学密教文化研究所(和歌山県高野町)の大柴清(しょう)圓(えん)研究員(中国古文字学)は6日、優れた書家の「三筆」の一人、弘法大師・空海の真筆とみられる「和韻詩」から直接写し取った可能性が高い拓本が、四天王寺大学(大阪府羽曳野市)で見つかったと発表した。関連目録や紙の状態から、江戸時代中期の拓本とされる。大柴氏は「弘法大師の書の特徴を示しており、真筆をもとにした拓本である可能性が高い」とみている。

 大柴氏によると、「和韻詩」とは、贈られた詩の押韻を変えずに作られた返礼の詩。見つかった拓本は、空海が高野山を開山する前にあたる平安時代前期の弘仁(こうにん)5(814)年、嵯峨天皇に宛てた詩とみられ、「恩(おん)賜(し)の百屯の綿兼ねて七言の詩を奉謝する詩一首并(なら)びに序」と賜(たまわ)った綿への謝辞を述べるなどしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ