洞窟を飛ぶコウモリは仲間となぜ衝突しないのか? 秘密は超音波の「声色」にあった

【びっくりサイエンス】

 洞窟などで集団生活するコウモリは、超音波で周囲の状況を把握しながら飛んでいる。密集状態だと混信してしまいそうだが、互いに周波数を調節しあうことで「声色」を変え、仲間同士の衝突を防いでいることが同志社大の研究で明らかになった。多くのロボットが協調して働く仕組みの開発に役立つかもしれない。

 コウモリは夜行性で、視覚は退化している。その代わり、人間が音声を発するように声帯を震わせ、のどから超音波を出すことができる。発した超音波が目標物にぶつかり、はね返ってくる反響音(エコー)を耳で聞き取り、自分との位置関係や大きさ、動く速さなどを即座に把握している。

 この仕組みは「エコーロケーション」と呼ばれ、まるでレーダーのように機能する。そのため、暗く見通しが悪い夜間や狭い洞窟内でも物にぶつからず飛びまわり、餌となる体長数ミリの小さな虫を捕まえることができる。

騒々しいパーティー会場で声を聞き分ける

 ただ、集団で飛ぶ際は、それぞれの個体が超音波を出すため、群れの中はさまざまな超音波と反響音が混在することになる。大勢の人が同時に会話を行い、目の前の会話相手の声すらよく聞こえないパーティー会場のような騒々しい環境だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ