梅雨時の通勤に備えて 雨の日も快適な「通勤快足」(PR)

梅雨時の通勤に備えて 雨の日も快適な「通勤快足」

 沖縄地方はもうすぐ梅雨入り。長い雨の季節に備えて、気分も憂鬱な雨の日の通勤ストレスをやわらげる“ぬれない、滑りにくい、やわらかい”と三拍子そろった快適なビジネスシューズを紹介します。<産経netshop>

 雨の日でも蒸れにくく快適なはき心地で人気があるのが、創業120年の老舗靴メーカー、アサヒコーポレーション(福岡県久留米市)の「通勤快足」。見た目はスタンダードな革靴ですが、雨の日に対応する機能が充実している上、履き心地も快適なビジネスシューズです。

 甲の素材は水を弾く牛革と、防水性と湿気の放出性を両立する「ゴアテックス(R)ファブリクス」の多層構造で、雨粒を通さずに蒸れにくいのが特長。また、靴本体とソールは一体成型なので接着面からの水漏れをシャットアウト。多少の水たまりなら気にせずどんどん歩けます。

 履き心地にもこだわり、インソールのかかと部分には、歩行時の衝撃を吸収するエアーポンプを装着。柔らかく弾力性があるため、足の負担を軽減します。また、地面との摩擦に強くグリップ力に優れた特殊ゴムにセラミック粒子を配合したソールは、水にぬれた路面や凍結した路面でも滑りにくく快適に歩けます。「通勤快足 ビジネスシューズ ストレートチップ TK3309」は、ブラックとブラウンの2色。1万8360円。

 一方、足首を覆うブーツタイプの「トップドライ」は雨に加え、雪にも強い全天候型。ビジネス、カジュアルのどちらにも合わせやすいシューズです。こちらも、「通勤快足」と同様、「ゴアテックス(R)ファブリクス」を採用した多層構造の素材で、外からの水滴を通さず、中の水蒸気は放出し、靴の内部を快適に保ちます。雨に強く天気を気にせずに歩ける優れものです。「トップドライ オンオフ兼用シューズ TDY3835」は、1万9440円。価格はいずれも税込み。

<産経ネットショップ>

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ