【くらしナビ】「応援改札」から気軽に募金

 ヤフーが六本木で3・11復興イベント

「Yahoo!応援改札」のイメージ(ヤフー提供)

「Yahoo!応援改札」のイメージ(ヤフー提供)

 東日本大震災から8年目となる3月11日が近づいた。東北の現状に関心を持ってもらい、多くの人に支援への寄付参加を訴えるイベントが9日から東京都港区の六本木ヒルズで始まる。「記憶の風化」が指摘されるなか、新たな関心を呼び起こす動きが注目される。(谷内誠)

 イベントは、IT大手のヤフーが「Yahoo!応援改札 #ピッは応援になる。」と題して実施。復興のシンボルの一つで、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台にもなった岩手・三陸海岸沿いを走るローカル鉄道「三陸鉄道」とコラボレーションし、「応援改札」を設置する。来場者がSuica(スイカ)、PASMO(パスモ)など交通系ICカードを改札にタッチすると残高から100円を徴収し、手数料を除いた分が三陸鉄道に寄付され、同鉄道公認の特別乗車券がもらえる。

 ヤフーコーポレートコミュニケーション本部の高橋直子さんがいう。

 「当社はこれまで、3月11日に『Yahoo!検索』で『3・11』と検索することで、1人につき10円を当社から復興支援に携わる団体に寄付する『Search for 3・11 検索は応援になる。』や、著名人の出品物でチャリティーオークションを行ったり、平成25年から三陸沿岸で自転車イベント『ツール・ド・東北』を開催するなどの応援企画を実施してきました」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ