高校時代に「黒髪強要」18% ブラック校則でNPOがアンケート

 「ブラック校則」と呼ばれる学校での理不尽な規則をなくそうと活動しているNPO法人などが8日、全国の15歳から50代の男女計2千人を対象に、中高生時代の経験を尋ねたアンケート結果を発表した。生まれつき髪の色が黒以外の人のうち、9%が中学時代、18%が高校時代に、髪を黒く染めるよう求められたと答えた。

 ほかに「スカートの長さを測られた」「下着の色を調べられた」といった少数意見もあった。NPO法人などは今後アンケート結果を分析してまとめ、インターネットで集めている署名とともに文部科学相に提出する予定だ。

 プロジェクトは教育関係のNPO法人や評論家の荻上チキさんらが立ち上げた。中学時代の経験を答えた千人のうち121人が生まれつき黒髪以外で、この中の11人が黒染めを強要されたと回答。21人が「地毛証明書」を書かされたと答えた。高校時代の調査では生まれつき黒髪以外は119人で、うち21人が黒染めを求められたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ