虐待疑いの子ども、6万人突破 保護も3800人 昨年、警察庁まとめ

 虐待された疑いがあるとして、昨年1年間に全国の警察が児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは前年より1万1204人(20・7%)多い6万5431人だったことが8日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた2004年の962人から13年連続の増加で、初めて6万人を突破。増加分の多くは、暴言などの心理的虐待だった。

 全体のうち、生命の危険がある緊急時や夜間に警察が保護した子どもも、5年連続の増加となる3838人。警察庁の担当者は通告が増えた要因について「虐待への社会的関心の高まりで市民からの通報が増えた結果」と指摘している。

 都道府県別では、最も多かったのは大阪の9305人で、埼玉の7980人、神奈川の6185人と続いた。最少は鳥取の82人だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ