日本初ヴィトン購入者は板垣退助か シリアルナンバーで判明

板垣がヴィトンの初購入者か(写真提供:国立国会図書館)

板垣がヴィトンの初購入者か(写真提供:国立国会図書館)

 日本人の暮らしが一新した明治維新から150年。この明治期は、数々の「日本初」が生まれた。維新の時代に活躍した英傑たちの「日本初」を紹介する。

 板垣退助--ルイ・ヴィトンの鞄を日本人で初めて購入

 「板垣死すとも自由は死せず」の名台詞で知られる自由民権運動家・板垣退助が、フランスの高級鞄ブランドであるルイ・ヴィトン社の製品を日本で初めて購入した人物なのではないか、との説が浮上したのは昨年のこと。パリ本店の購入記録によれば、1883年1月9日に「Itagaki」なる人物が同社のトランクを購入しており、そのシリアルナンバーと板垣の子孫が保管していたトランクのタグの番号が同じであることが新たに分かったのだ。

 板垣は、明治15(1882)年11月から翌年6月まで立憲政治の現場を視察するために渡欧している。

 「板垣は渡航先で100冊もの関連文献を購入しています。トランクを購入したのはそのためでしょう」と語るのは、高知市立自由民権記念館の筒井秀一館長。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ