レッサーパンダの「ホクト」、子作りに期待 札幌・円山動物園→甲府市の動物園へ

 甲府市遊亀公園付属動物園(甲府市太田町)に3月19日、札幌市の円山動物園から新しいレッサーパンダ「ホクト」(オス、3歳)が来ることになった。

 現在、山梨県内のレッサーパンダは現在、同園にいる「クゥ」(メス、9歳)1頭だけ。平成28年5月、オスが死亡。甲府市が日本動物園水族館協会を通じて子作りのためにクゥのペアを探していた。

 ホクトを所有し、円山動物園に貸与している長野市の茶臼山動物園と話し合いがまとまり、無償で借りることになった。

 遊亀公園付属動物園では昭和60年、友好都市となった中国・成都市からレッサーパンダが贈られ、繁殖を続けてきた。

 ホクトは4月7日に一般公開される予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ