都内のスギ花粉飛散開始 平均より2日早く

 東京都は16日、都内のスギ花粉の飛散開始を14日に確認したと発表した。過去10年平均の開始日の16日より2日早く、昨年より3日遅い。1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日以上連続して観測した際の最初の日が飛散開始日として定義されており、都によると14日から2日連続で観測があった。

 都がまとめた花粉症患者の実態調査では、都民の48・8%がスギ花粉症で、10年前より17・4ポイント増えたと推定されている。都は予防に向けて、マスク・メガネ着用による外出やうがい・手洗いを推奨しているほか、ハンドブックを配布している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ