ノーベル賞の湯川博士「どうしても行きたくない」 日記に残した“栄転”拒否の秘めた心情

【関西の議論】

1949年11月、米コロンビア大学で撮影に応じた湯川秀樹博士(湯川家提供)

1949年11月、米コロンビア大学で撮影に応じた湯川秀樹博士(湯川家提供)

 昭和24年に日本人で初めてノーベル賞を受賞した物理学者、湯川秀樹・元京都大教授(1907~81年)。生誕110年を迎えた平成29年末、終戦前後に記した未公表の日記の内容が明らかになった。原爆研究にかり出され、激動の時代を苦悩の中で生き抜いた世界的科学者。終戦後しばらくは沈黙を守っていた博士らしく、日記は淡々と記され内面をうかがい知ることは困難だが、唯一ストレートに心情が表れる記載があった。「(東京へは)どうしても行きたくない」。博士の脳裏に去来したものは何だったのか。(池田祥子)

 戦中の原爆研究

 「F研究」。湯川博士の昭和20年の日記には、この研究に関する記載が4回登場する。F研究とは、海軍の依頼を受けた京都帝国大の物理学者らによる原爆研究の名称だ。

 6月23日付には〈F研究 第一回打合せ会 物理会議室にて〉と記され、同僚らと出席したとの記述がある。

 〈朝七時過家を出て京津電車(現・京阪電鉄京津線)にて琵琶湖ホテルに行く、雨の中を歩く。帰りは月出で 九時帰宅〉

 7月21日付の記載は日常の記録のようだが、この日は大津市で、F研究最後の合同会議が開かれていた。

次ページ「F研究にかかわったことが初めて先生自身によって示された」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ