近江鉄道日野駅、再生プロジェクト第2弾進行 「次の100年へ」

【鉄道ファン必見】

 開業100年を超えた近江鉄道日野駅(滋賀県日野町内池)の再生を目指そうと、地元住民や町が一体で取り組んでいるプロジェクトの第2弾が進んでいる。昨夏の第1弾では住民や鉄道ファンらから寄付を募り、駅舎改修に成功。1世紀を経て新たな日野駅に生まれ変わった。第2弾で目指すのは上りホームの待合所の改修。同町は「次の100年へ、引き続きご支援を」と話す。

 日野駅は明治33年開業。レトロな木造駅舎は映画の撮影に使われたこともあり、住民や鉄道ファンから愛されてきた。ただ、老朽化が激しく、簡易な駅舎への建て替えも検討された。

 その状況に、町民や町などが一体となって「日野駅利用促進活性化懇話会」を立ち上げ。町は約5千万円を予算計上するとともに、ふるさと納税制度やクラウドファンディングを活用して費用を募り、計7300万円で改修。昨夏に工事が完了し、秋にはカフェスペースを備えた観光案内交流施設をオープンさせるなど、新たな日野駅としてスタートした。

 第2弾のプロジェクトは11月にスタート。改修を目指す上りホームの待合所は昭和40年に建築。木造の外壁や屋根の傷みが激しく、解体して復元する方針。平成30年度中の完成を目指す。町は前回同様、ふるさと納税やクラウドファンディングで寄付金を募っている。

次ページ町はふるさと納税で、新しい返礼品を用意

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ