「神岡から3つ目のノーベル賞を」東大宇宙線研究所長・梶田隆章氏 ハイパーカミオカンデに懸ける夢

 【クローズアップ科学】

 東大宇宙線研究所の梶田隆章所長(58)が素粒子「ニュートリノ」に質量があることを発見してから今年で20年。ノーベル物理学賞に輝く歴史的な発見は、岐阜県飛騨市神岡町にある観測装置「スーパーカミオカンデ」で生まれた。梶田氏らは、より進化した後継施設「ハイパーカミオカンデ」を建設し、物質や宇宙の根本的な謎に迫ろうとしている。

 --ニュートリノに質量があることを示す振動現象の発見から20年を迎える

 「発見で世の中が急に進み始め、この20年で研究は非常に大きく進歩した。3種類ある振動が理解され、ニュートリノの質量についても基本的に分かった」

 --どのような気持ちで発表に臨んだのか

 「当時は助教授で39歳。それまでの10年間はなかなか受け入れられなかったが、『今回はこれだけのデータを示すのだから、何とかして説得するぞ』との思いで、ある種の高揚感があった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ